オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、屋根工事について


屋根で不具合が起きると、それぞれの部位や劣化状況に合わせた屋根工事をする必要があります。
今回のコラムでは周南市の方へ、屋根工事についてお伝えします。

屋根工事の必要性

石粒付きの金属屋根
屋根に不具合があったり、劣化していても、「お金がかかる」「どこに頼めばいいのかわからない」「普段付き合いがないので頼みづらい」といった理由から屋根工事を先延ばしにしている方もいるのではないでしょうか。
ですが、屋根工事をしないと不具合が他の不具合につながって、最終的には雨漏りが発生します。
雨漏りが起きると、天井・壁の染みや建物の構造である柱・梁の腐食、カビの発生による健康被害などが起きてしまいます。
屋根に使用されている板金の錆びや釘の浮きなどの小さな不具合からでも雨漏りに繋がってしまいますので、早めの屋根工事が大切です。

雨漏りのメカニズムと原因はこちらをご覧ください

屋根工事の種類

スレート屋根の塗装
周南市で行った屋根塗装の様子です。
モニエル瓦を吹き付けで中塗り
吹き付け工法での屋根塗装の様子です。
屋根塗装は、ローラーやハケを使用して専用の塗料で塗る屋根工事です。
瓦以外の屋根材は表面を塗料の膜で覆われています。
屋根には直接、太陽光や雨風が当たり劣化しやすい環境にあり、屋根材の劣化を防ぐために塗膜で保護しています。
塗膜が劣化すると屋根材に雨水が浸透したり、板金や金属屋根材が錆びやすくなってしまい、屋根材の劣化が速くなります。
定期的に屋根塗装をすることで、劣化して薄くなったり剥がれた塗膜を回復させ、屋根の寿命を延ばすことができます。
ただし、屋根材の傷みが激しい場合には屋根塗装はできません。
屋根塗装を検討し始める時には、外壁も塗装が必要になる時期なので一緒に外壁塗装も行うことがおすすめです。
一緒に行うことで足場代の節約もできます。

屋根塗装の詳細はこちらをご覧ください

ルーフィングの敷設
屋根カバー工法の様子です。
オークリッジスーパーの施工

屋根カバー工法は、劣化した屋根の上に新しい屋根をかぶせる屋根工事で、重ね葺きとも言います。
既存の屋根を撤去する必要がないので、既存屋根材の処分費や撤去費を抑えることができ、施工費用を節約できます。
屋根が2重になることで、屋根表面の熱が伝わるのを抑え夏場の室内の温度上昇を抑えることができたり、雨音が聞こえにくくなるというメリットがあります。
ただし、屋根が重くなることで地震の時に建物にかかる負担が増え、耐震性が低下します。
屋根材の傷みが激しかったり、瓦屋根やモニエル瓦(洋瓦)など屋根材によっては施工できません。

屋根カバー工法の詳細はこちらをご覧ください

屋根カバー工法の施工事例はこちらをご覧ください
金属屋根材の撤去
周南市で行った金属屋根の葺き替えの様子です。
金属屋根の葺き替え

屋根葺き替えは、劣化した屋根を撤去して新しい屋根材に葺き替える工事で、屋根工事の中では最も規模の大きい工事です。
既存屋根を撤去しないといけないので、屋根材の処理費や撤去費がかかったり、施工期間が長くなります。
ですが、屋根の下地となる野地板を補修できたり、新しい屋根材に軽量なものを使用することで耐震性を上げることができます。
また、カバー工法は既存の屋根の状況によっては施工できませんが、葺き替えなら瓦などの屋根材でも施工できたり、屋根の劣化が激しくても施工できます。

屋根葺き替え工事の詳細はこちらをご覧ください

棟瓦の取り直し
周南市で行った棟瓦の取り直し工事の様子です。
棟瓦の取り直し

漆喰は瓦屋根の棟瓦の固定に使用されているセメントのような白い建材です。
漆喰が劣化することでひび割れたり剥がれて瓦を固定する力が弱くなり、棟瓦のズレや雨水の浸入につながります。
その漆喰を補修するのが漆喰工事です。
漆喰工事は漆喰の状態によって、「漆喰の詰め直し」と「棟瓦の取り直し」の2つの方法があります。
・漆喰の詰め直し
漆喰の傷みが軽微な場合に行う屋根工事で、劣化した漆喰を取り除いて新しく漆喰を詰め直す方法です。

・棟瓦の取り直し
漆喰の傷みが激しい場合に行う屋根工事で、棟瓦を取り外して新しい漆喰で棟瓦を積みなおす方法です。

漆喰工事の詳細はこちらをご覧ください

棟板金の撤去
棟板金交換工事の様子です。
棟板金の下の貫板
棟板金交換工事は、スレート屋根の棟に使用されている棟板金を交換する工事です。
経年により棟板金を固定している釘が抜けてくると、釘穴から雨水が浸入したり強風で棟板金の剥がれや飛散が起きてしまいます。
そのため、屋根塗装などの屋根工事の時に棟板金も交換することをお勧めします。
棟板金の傷みや釘の緩みが軽微な場合には、釘(ビス)の増し打ちをすることで板金の剥がれや飛散を防ぐこともできます。

棟板金工事の詳細はこちらをご覧ください
谷樋(谷板金)の交換工事
周南市で行った谷樋交換工事の様子です。
施工後の谷樋
屋根の面と面がぶつかり凹んで谷になっている部位の板金を谷樋(谷板金)と呼び、その谷樋を交換する工事です。
谷樋は雨水が集まるので劣化しやすく、雨漏りの原因になりやすい部位です。
また、地上から見上げても劣化状況が分かりにくいので、屋根に谷樋がある場合には定期的な点検を怠らないようにしましょう。

谷樋(谷板金)の詳細はこちらをご覧ください

屋根工事をする前に

仮設足場と部材運搬用のトラック
屋根の高圧洗浄
屋根工事をする前には必ず近隣の方へ挨拶をしましょう。
屋根工事では、足場を組み立てるときの騒音や洗浄作業のときの洗浄水の飛散、工事用車両の出入りなどで近隣の方にご迷惑をかけてしまいます。
いきなり工事を始めて、近隣トラブルになるということを避けるためにも近隣の挨拶は必ず行ってください。

屋根工事前の挨拶についてはこちらをご覧ください
屋根足場
屋根足場
足場を立てると騒音で周囲の方に迷惑をかけてしまったり、足場代が掛かります。
そのため、足場なしで屋根工事ができないのかと考える方もいると思います。
ですが、屋根工事では足場は必須です。
屋根の先端で作業することもあり、いくら経験豊富な職人であっても作業に集中することは難しくなってしまいます。
また、万が一、足を踏み外すと大けがをしてしまう可能性もあります。
足場を組み立てることで、作業に集中でき工事品質が向上し、職人の安全を確保できます。
足場は建物の周囲を囲むかたちで仮設されますが、屋根の勾配(傾斜)が急な場合には屋根足場を組みます。

屋根工事の無料点検

屋根工事には以上のものだけでなく、瓦1枚だけの差し替え(交換)や雪止めの設置、破風板や鼻隠しを板金で覆う工事など、多種多様なものがあり、屋根の状態に合わせて適切な工事をすることが大切です。
屋根の状態や施工面積によって、同じ屋根工事をする場合でも価格は変わります。

屋根工事の料金の目安はこちらをご覧ください

そのため、屋根工事を検討している場合には、まずは専門の業者に点検・見積もりをしてもらいましょう。
その際には、街の屋根やさん周南店の無料点検をご利用ください。
街の屋根やさんでは、実際に屋根に上がってから隅々まで点検し、屋根の状況を写真で確認していただいています。

街の屋根やさんの無料点検の内容はこちらをご覧ください

ただし、訪問販売の業者には注意してください。
悪徳業者の中には、他の家の屋根の不具合が起きている写真を見せたり、わざと屋根を壊したり、必要のない工事を勧めたりということがあります。
そのため、訪問販売の業者に屋根に上がらせないようにしましょう。

訪問販売のトラブル事例はこちらをご覧ください
モニエル瓦の屋根
金属屋根(折板屋根)
周南市にはリフォーム業者や工務店など屋根工事ができる業者が多くあり、その中には悪徳業者もいます。
そのため、実際に屋根工事をしてもらう業者をひとつ選ぶというのは困難な作業です。
屋根工事の業者を選ぶときには、まず、その業者のホームページを確認しましょう。
ホームページにはその業者の情報が詰まっており、ブログやコラム、施工事例を見ることで、その業者が屋根工事の知識・技術を持っているか、きちんと工事をしているか、などがわかります。
また、ホームページだけで一社に決めずに複数の業者から見積もりを取りましょう。
現地調査の時にいい加減な対応であれば、屋根工事の時にもいい加減な可能性が高くなります。
複数の業者の見積もりが集まったら、金額だけで決めずに、必ず内容を確認しましょう。
安いのには安いなりの理由が必ずあります。
他と比べてあまりにも安い場合には注意してください。

火災保険で屋根工事

屋根は建物の一番高い場所にあり、強風や雪の影響を受けやすく、自然災害による損傷が多くなります。
もし、ご自宅の屋根が台風や大雨、大雪が原因で損傷した場合には火災保険の契約内容や特約を確認してください。
火災保険で屋根工事ができる可能性があります。

火災保険が適用される屋根工事はこちらをご覧ください
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878