オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市にて雨漏りが起きた瓦屋根を葺き直しで屋根リフォーム


工事のきっかけ

周南市にお住いの方より「雨漏りが起きたので修理をお願いしたい」とお問い合わせをいただきましたので、現地調査に伺いました。
現地調査を行ったところ瓦屋根から雨漏りにより天井にはシミができている状態でした。
屋根葺き替えと屋根葺き直しの2通りの屋根リフォームを提案させていただき、屋根葺き直し工事を行うことになりました。

周南市 屋根葺き直し

ビフォーアフター

before
葺き直し前の瓦屋根
horizontal
after
葺き直し後の瓦屋根

工事基本情報

施工内容
屋根葺き直し
施工期間
4日
使用材料
ルーフィング/タディス ホワイト 漆喰材/モルロック
施工内容その他
築年数
保証年数
工事費用
建坪
ハウスメーカー
天井のシミ
周南市の方より雨漏り修理のお問い合わせをいただきましたので、まずは現地調査に伺いました。

「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください

お問い合わせのきっかけになった2階の天井の様子です。
天井には広い範囲で黒い雨染みができていました。
葺き直し前の瓦屋根
葺き直し前の瓦屋根
梯子を使って屋根にあがってみると、瓦に割れや欠けはありませんでしたが、地震や強風で動きズレている箇所がありました。
瓦がズレている箇所からは雨水が浸入するので、雨漏りの原因になります。
雨漏りは天井のシミだけでなく、柱や梁といった建物の構造を腐食させ、寿命を縮めてしまいます。
雨漏りが起きてから時間が経てばたつほど被害が大きくなり、メンテナンスにかかる費用も高くなってしまうため、早めに対処することが大切になります。


「屋根葺き替え」と「屋根葺き直し」の2つの方法による屋根リフォームを提案させていただき、今回は、屋根葺き直し工事を行うことになりました。

足場の組み立て
屋根葺き直し工事に必要な足場を組み立てます。
2階建ての屋根では高さが6mにもなり、その高さから落下するとケガの危険性があります。
そのため、安全を確保するために屋根工事の際には足場が必要になります。

ブルーシートで雨養生をした瓦屋根
屋根葺き直しは、これまでの瓦を一旦取り外し、下地を補修してから瓦を再利用して屋根を葺く工事です。
新しい屋根材を使用しないので材料費を節約でき、既存の瓦の処分費もかからないので、屋根葺き替えよりも工事費用を抑えることができます。
屋根の構造を支えている野地板を補修できるので、建物の耐久性を上げることができます。
ただし、屋根葺き直しを施工できるのは、耐用年数が長い瓦屋根や天然スレートの屋根に限られます。

「これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替える屋根葺き直し」はこちらをご覧ください
ルーフィング(防水紙)の敷設
既存の瓦を取り外し、保管しておきます。
瓦桟木やルーフィング(防水紙)は再利用できないので、撤去して処分します。
野地板を増し張りしてから、その上に新しいルーフィングを敷いていきます。
上下の重ね代をしっかりとりながら敷き、瓦の下に入ってきた雨水が建物の内部に浸透することを防ぎます。
使用したルーフィングは田島ルーフィング株式会社のタディスホワイトです。

「雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性」はこちらをご覧ください
瓦桟木を取り付けた屋根下地
屋根葺き直しで瓦の施工
ルーフィングの敷設が終わったら、一定の間隔で瓦桟木を設置していきます。
瓦桟木で雨水が滞留してしまわないように、溝を加工して雨水の通り道をつくっています。
この瓦桟木に保管していた瓦を引っかけて並べていきます。

瓦は割れない限り半永久的に使用できるので瓦を再利用して葺き直しができますが、近年では、耐震性を向上させるために瓦から軽量な金属屋根に葺き替えることも増えています。

葺き直しと葺き替えには、どちらにもメリット・デメリットがありますのでよく検討してから屋根リフォームを行いましょう。
瓦屋根の谷樋(谷板金)
谷樋(屋根の面と面の接合部にある板金)も新しいものに交換します。
谷樋は雨水が集まる部位なので、傷みやすく、雨漏りしやすい部位です。
雨樋の交換は周囲の瓦を取り外さないといけずメンテナンスに手間がかかるので、新しい雨樋は耐用年数の長いステンレス製のものを使用しました。

「屋根で最も雨漏りしやすい部位「谷板金」の修理方法」はこちらをご覧ください
棟瓦の施工
棟瓦の積み作業
平部の瓦を葺き終えたら、棟瓦を積み直していきます。
漆喰で土台をつくり、その上に熨斗瓦(のしがわら)を積み重ねます。
新しい漆喰材には、強度が高く、ひび割れしにくい「モルロック」を使用しました。
銅線を取りまとめる前の棟瓦
積み直した棟瓦
棟がまっすぐになるよう丁寧に積み上げていき、棟の一番上に冠瓦を載せます。
熨斗瓦と冠瓦の穴に通した銅線で固定し、ビニール袋などが引っかからないように銅線をまとめたら棟瓦の積み上げの完了です。
葺き直し後の瓦屋根
葺き直し後の瓦屋根
屋根葺き直し工事の完了です。

瓦は耐用年数の長い屋根材ですが、メンテナンスをしなくてもいいというわけではありません。
瓦のズレや漆喰の剥がれ、谷樋の腐食などが原因となり、雨漏りが発生することがあります。
そのため、瓦屋根であっても定期的に点検を行いましょう。

【工事完了後】

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市にて棟瓦取り直し(積み直し)で瓦が落下した屋根の雨漏り修理

棟瓦が落下した瓦屋根
棟瓦の取り直しの施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード(南蛮漆喰)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

周南市で屋根カバー工法と軒先を長くする工事で雨漏りに強い屋根へ

屋根カバー工法を施工前のスレート屋根
屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根/セネター
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
230~240万円
施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦桟木を取り付けた屋根下地

本日のブログでは、周南市で行っている屋根葺き直し工事で平瓦と棟瓦の施工の様子をお伝えします。屋根葺き直しは、既存の瓦を一旦取り外して、野地板や防水紙を補修した後に瓦を再利用して屋根を葺き直す工事です。「これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替え...........

ブルーシートで雨養生をした瓦屋根

本日の現場ブログでは、周南市で行った屋根葺き直し工事でルーフィング(防水紙)の敷設と瓦桟木の様子を紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878