オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

周南市にて屋根葺き替えによる屋根工事で雨漏りのない安心な屋根へ


工事のきっかけ

周南市のお客様より「雨漏りしている」とご相談を受けました。
木造住宅で築30年以上経過しており、一度も下地のメンテナンスをしていないことから、下地の劣化がかなり進行している可能性が高かったため、屋根葺き替えによる屋根工事を行いました。

周南市 屋根葺き替え

ビフォーアフター

before
経年劣化したセメント瓦
horizontal
after
防災瓦に葺き替えた屋根

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え
施工期間
使用材料
施工内容その他
築年数
保証年数
工事費用
約180~190万円
建坪
ハウスメーカー
周南市にお住いのお客様より「雨漏りして困っている」とお問い合わせをいただきました。
築30年以上経過しており、屋根にはセメント瓦が使用されていました。
瓦の割れはありませんでしたが、ズレて隙間ができており、それが雨漏りの原因になっていると考えられます。
下地の劣化が進行していることから、部分的に修繕するよりも屋根全体をリフォームすることを提案させていただき、その結果、セメント瓦屋根の屋根工事を行うことになりました。

「ここまでやります無料点検」はこちらをご覧ください

屋根裏に敷かれたブルーシート
屋根裏に置いた発泡スチロールの箱
お客様がご自分で屋根裏にブルーシートを敷いたり、発泡スチロールの箱を置いて雨漏りの応急処置をしていました。
応急処置をすることで雨漏りの被害をある程度防ぐことができますので、屋根裏に入れない場合でも床にビニールシートを敷いたり、バケツを置くなり、応急処置をしましょう。
発泡スチロールの箱には、かなりの量の雨水が溜まっており、雨漏り被害を抑えることができたといえます。
ただし、応急処置は大切ですが、屋根の上は危険ですので絶対に上らないでください。

セメント瓦の屋根工事

既存の屋根の撤去
今回、行ったのは屋根葺き替えによる屋根工事です。
屋根葺き替えは、経年によって傷んだ屋根を撤去して、新しい屋根材で屋根を葺き替える屋根工事です。
屋根材だけでなく、その下にあるルーフィングや野地板などもメンテナンスできます。
屋根工事の中でも規模が大きいため、費用が高く、工期が長くなりますが、下地から屋根が新しくなるので長期にわたって安心して過ごしていただけるようになります。
既存の屋根の撤去作業
既存の屋根の撤去作業
まずは、既存のセメント瓦を一枚一枚剥がしていきます。
セメント瓦は表面を塗膜で覆われており、その塗膜が剥がれると雨水が浸透してしまい、強度が低下し割れやすくなります。
そのため、定期的な屋根塗装を行う必要があり、セメント瓦を長持ちさせることができたり、雨漏りのリスクを減らすことにつながります。

劣化してボロボロになったルーフィング(防水紙)
ボロボロになった防水紙(ルーフィング)
セメント瓦の下に隠れていたルーフィング(防水紙)は経年劣化によりボロボロになっていました。
屋根材に不具合があってもルーフィングに問題がなければ、室内に雨水が浸入することはありませんが、これだけボロボロだと防水性は全く期待できません。
劣化したルーフィングも撤去していきます。
防水紙と桟木
防水紙と桟木
既存の屋根材やルーフィングの撤去、野地板(屋根の下地)の補修が終わったら、新しいルーフィングを屋根全体に敷いていきます。
重ね代を取りながら、屋根の下から上に向かって敷いていきます。
雨漏りを防いでくれる重要な部位なので、高耐久のものを使用します。


ルーフィングの上に桟木を取り付けます。
桟木は瓦を引っかけて落ちないようにする役割があります。
桟木を取り付けることで水はけが悪くならないように、ウォーターホール加工をして雨水の通り道をつくっています。
防災瓦の設置
防災瓦の施工
今回の屋根工事では、新しい屋根材に台風や地震などの自然災害に強い防災瓦を使用しました。
今回は平らなF形を使用しましたが、和瓦のJ形、南欧風のS形などもあります。
ただ単に桟木に瓦を引っかけただけでは、台風や地震で瓦がズレたり、落下してしまいます。
そうならないように防災瓦では、瓦一枚一枚を桟木に釘やビスでしっかりと固定することで、ズレや落下を防ぎます。
地震などに弱いイメージのある瓦でも、防災瓦なら安心して過ごしていただけます。

棟瓦を施工前の棟部分
瓦屋根の棟部分の仕上げ
棟(屋根の頂上)の部分を仕上げていきます。
まずは棟押さえ金具を取り付けます。
金具に角材を設置して南蛮漆喰を詰めたら、棟瓦をのせてビスで角材に固定します。
棟押さえ金具などで屋根の下地と棟瓦をしっかりと固定することで、棟瓦のズレや倒壊を防ぐことができます。
防災瓦に葺き替えた屋根
防災瓦に葺き替えた屋根
屋根葺き替えによる屋根工事が完了しました。
屋根を葺き替えたので雨漏りの心配がなくなり、防災瓦を使用したことで台風や地震などの自然災害にも強い屋根になりました。
長期にわたって安心して過ごしていただけます。

屋根点検や御見積りは無料ですので、街の屋根やさん周南店までお気軽にご相談ください。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

防府市でダイワハウスの住宅のセメント瓦屋根を金属屋根に葺き替え

セメント瓦の屋根
コロナで葺き替え後の屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
足場
使用素材
屋根材/コロナ 防水紙/ルーフラミテクト
築年数
築22年
建坪
保証
10年
工事費用
240~250万円
施工事例

周南市でアスファルトシングル屋根の葺き替え工事を行いました

アスファルトシングル屋根
ガルバリウム鋼板の屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用
220~240万円
施工事例

周南市にて瓦棒屋根にガルバリウム鋼板で葺き替え工事を行いました

劣化した瓦棒屋根
ガルバリウム鋼板の屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築30年
建坪
保証
10年
工事費用
約200万円

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市にて雨漏りが起きた瓦屋根を葺き直しで屋根リフォーム

葺き直し前の瓦屋根
葺き直し後の瓦屋根
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
ルーフィング/タディス ホワイト 漆喰材/モルロック
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

周南市にて棟瓦取り直し(積み直し)で瓦が落下した屋根の雨漏り修理

棟瓦が落下した瓦屋根
棟瓦の取り直しの施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード(南蛮漆喰)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

周南市で屋根カバー工法と軒先を長くする工事で雨漏りに強い屋根へ

屋根カバー工法を施工前のスレート屋根
屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根/セネター
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
230~240万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水紙と桟木

本日の現場ブログでは周南市で行っている屋根葺き替え工事での新しい屋根材を葺いている様子をお伝えします。前回の工事の様子「周南市の屋根葺き替え工事で屋根材やボロボロになった防水紙を撤去・処分」はこちらをご覧ください

既存の屋根の撤去

本日の現場ブログでは、周南市で行った屋根リフォームの様子を紹介します。築年数がかなり経っており、雨漏りが起きていたことから屋根葺き替え工事を行っています。屋根葺き替えは、既存の屋根を撤去してから、新しい屋根材や防水紙で屋根を葺き替える工事で...........

足場の設置

本日の現場ブログでは、防府市にて雨漏りが発生していた屋根の葺き替え工事の様子を紹介します。防府市にお住いのお客様より「雨漏りをなおしてほしい」とご相談があり、徹底した雨漏り調査をしたうえで、雨漏り修理のために屋根葺き替えを提案させていただき...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878