オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

山口市の方へ、樋修理について

雨樋も月日が過ぎると色褪せが起きてしまいます。
樋って外壁塗装屋根塗装と比べると軽視されがちなんですね。
10年ほどで雨樋の塗装が剥げてしまいます。
樋の寿命(耐用年数)はおよそ20年ほどなので必ず樋の塗装は必要となってきます。
こちらは実際に山口県山口市で行った樋修理の一部の塗装の工事です。

樋塗装の必要性について。
基本的にですが樋を塗装したからと言って樋の不具合がなおることはないです。
ではなぜ、樋を塗装するのかというと美観をよくするためなのです。
樋はもともと頑丈に作られているため、耐久性に優れているため再塗装する必要性が無いようにできていますが樋もいつまでもきれいではないし、劣化してくると外観が古びたように見えてくるので再塗装し外観を綺麗に見せる必要性があるから塗装をするのです。

樋塗装を行っていくうえで一番大事な作業といっても過言ではないのがケレンという作業です。
塗装をする前にどのようなときでも必ず下処理は必要で、下処理をしないで古い塗料の上に新しい塗料を塗っていくと早く塗料が剥がれる落ちるなどの不具合が起きます。

樋塗装は、外壁塗装と同時にすることにより外見が綺麗になるので同時にすることをお勧めします。
劣化した雨樋と鼻隠し
こちらの図は、経年劣化した樋です。
長年放置して傷んだ樋には穴があいたり、ひび割れが起きたりしているので、樋修理をする必要性があります。
施工後の雨樋と鼻隠し
経年劣化した樋をすべて新しく交換したものです。
樋をすべて交換することで、雨水を下水に正常に流すことができます。
  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-838-878