オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

山口市の方へ、屋根リフォームについて

施工前のスレート屋根
こちらの経年劣化した既存の屋根をカバー工法を使い、リフォームしていきます。

そもそもカバー工法とは?
既存の屋根材に上から新し屋根を被せることをカバー工法といます。

スレート屋根、金属屋根などの平板の屋根の上からなら被せることが可能です。
コロナで屋根カバー工法をした屋根
こちらがカバー工法を使いリフォームした屋根です。
カバー工法を使い屋根リフォームすることで経年劣化した屋根はとてもきれいになります。
では、カバー工法のメリット、デメリットについて紹介していきます。

メリット
1 リフォームし費用が安価
屋根リフォームの数ある中でも安価で屋根をリフォームすることができる。
既存の屋根の上に新しい屋根材を施工していく事で、劣化している屋根材の処分費用が不必要だからです。

2 工程について
既存の屋根の上に新し屋根材を施工するため、劣化した屋根材を取外しをする工程が必要ないため工程が屋根リフォームの中では短い工事です。

3 近隣への配慮について
住宅の屋根をリフォームする際には近隣への配慮が必要です。
劣化した屋根材を取外しするときには必ずホコリ、騒音が発生します。
カバー工法は屋根材の取外しが無いため、近隣にあまり迷惑をかけないで済みます。

4 断熱性、防音性能が向上する
既存の屋根の上から新し屋根材を使用して、新し屋根を施工していくため2重の屋根となるため断熱性、防音性が向上するのです。

デメリット
1 耐震性能について
カバー工法でリフォームを行うと住宅の屋根が重たくなるので耐震性に欠けてしまいます。
既存している屋根材の上から新し屋根をかぶせるからです。

2 下地材が腐敗している屋根には施工ができない
屋根材の下地が劣化、雨水などで腐敗している場合には、カバー工法を使い屋根リフォームができません。
下地が劣化、腐敗していると新し屋根材を固定することができないからです。

3 瓦屋根には、対応できることがほぼない
既存している屋根に金属屋根材を固定するのがカバー工法です。
瓦など、厚みのある屋根材の上に固定することが難しからです。
瓦は重量があるのでこの上からカバー工法を使いリフォームをすると重量が重すぎ、住宅の耐震性が欠けてしまうのでお勧めできないリフォーム工事です。
  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
0120-838-878