オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で雨樋と破風板、庇(霧除け)などの附帯部を塗装により補修


周南市で雨樋、破風板、庇(霧除け)などの附帯部の塗装を行いましたので、お伝えします。
築30年のお宅で、以前メンテナンスをしてから15年近く経過しているそうです。
屋根や外壁には気を配っていても、附帯部のことはあまり気にかけていないという方が多いのではないでしょうか?
しかし、附帯部には、それぞれ重要な役割があり、劣化を放置していると雨漏りなどの不具合につながる可能性もあります。
そのため、付帯部だからといって疎かにせずに、定期的に補修することが大切です。
雨樋の塗装
雨樋を塗装していきます。
雨樋は、もともと頑丈な素材でつくられているので、塗装をしなくても耐久性はほとんど変わりません。
しかし、雨樋は経年で色褪せたり、塗装が剥がれてしまいます。
外壁や屋根がキレイな家でも、雨樋がボロボロだと見栄えが悪くなります。
そのため、塗装することで美観を回復させることをおすすめします。
庇(霧除け)の塗装
庇(霧除け)を塗装します。
庇(ひさし)は、窓の上にある小さな屋根のことで、霧除け(きりよけ)とも呼びます。
窓から雨が入るのを防ぐだけでなく、日当たりを調整する役割があります。
庇(霧除け)と外壁との取り合い部分は、雨水が入らないようにコーキングで防水処理されています。
劣化すると隙間ができて雨水が入り込み、雨漏りの原因になります。
庇の上側は、金属なので錆止めで下塗りをして、塗装します。
破風板の塗装
破風板を塗装します。
破風板は、屋根の斜辺になっている部分に付けられている板のことです。
画像を見ると、塗装した箇所としてない箇所で破風板の色が変わっているのが分かると思います。
木製なので塗料を吸い込みます。
吸い込みがなくなるまで、何度も塗料を塗り重ねます。
破風板は、屋根の内部に雨風が入ることを防止する重要な役割があります。
劣化したままにすると、役割を果たせなくなる可能性があるので補修する必要があります。
塗装後の雨樋
塗装後の雨樋です。
塗りムラもなくキレイに仕上がりました。
雨樋を塗るのと塗らないのでは建物の見栄えに大きく影響するので、付帯部であっても塗装するのをおすすめします。
塗装後の庇(霧除け)
塗装後の庇(霧除け)です。
雨漏りの原因になりやすい外壁との取り合い部分のコーキングも補修したので、これで雨水が浸入することはありません。

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市にて棟瓦取り直し(積み直し)で瓦が落下した屋根の雨漏り修理

棟瓦が落下した瓦屋根
棟瓦の取り直しの施工後
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
シルガード(南蛮漆喰)
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

周南市で屋根カバー工法と軒先を長くする工事で雨漏りに強い屋根へ

屋根カバー工法を施工前のスレート屋根
屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根/セネター
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
230~240万円
施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

パラペット

岩国市の陸屋根住宅の方より、パラペットの劣化状態と屋根の防水状態の点検とメンテナンスの依頼がありまして、現地調査へ伺いました。築35年の陸屋根住宅で、屋根はシート防水、パラペットは20年前に交換されたそうです。パラペットは割れなどがあり、水...........

軒天の塗装

山口市で施工中の外壁塗装、屋根カバー工事で、軒天と外壁の塗装工事を紹介します。先日のブログでは、サイディング外壁の目地にあるシーリングの打ち替え工事を紹介しました。

浮き軒天

本日は柳井市の築21年で今回外壁塗装工事をする家の軒天補修に行きました。軒天塗装をするのですがこのままでは塗れません。このままでは隙間から雨水が侵入し雨漏りを起こしたり屋根裏へ強い風が入り込み天井や屋根が壊れる恐れがありますの補修をします。...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878