オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市の方へ、板金工事について


板金という言葉は多くの方が知っているのではないでしょうか?
車の修理に板金工事で修理されていることは皆さんがご存じだと思いますが、実は住宅の屋根修理をするときにも実は板金工事が行われることもあるのです。

では、住宅の屋根工事を行うときにどの部分に板金工事が使われているのかを説明していきます。

屋根板金とは(建築板金)

そもそも板金とは、薄く、平たく構成されている金属のことでこの金属を加工して使うことを板金といいます。
住宅のどの部分に板金が使われているのかを説明します。

屋根の板金とは、主にですがスレート系の屋根、谷板金の金属部分に板金工事が施工されています。
スレート屋根の棟板金
上記の図なら屋根の住宅の頂点の部分に板金が使用されています。
住宅の屋根の面と面が合わさっている部分を板金工事を行い、雨水の侵入を防いだり、屋根材のつなぎ止めの役割を果たしています。
住宅の屋根の板金には材料としてはステンレス、胴もありますがガルバリウム鋼板が使用されていることが多いです。
板金とは様々なものがありますが、接合部分などに行われている板金工事を紹介します。
屋根の棟板金
棟板金とは、屋根材の接地面に取り付けをしている板金の事を言います。

棟とは屋根面が交差している分水部分の事です。

大棟とは住宅屋根の頂点で水平になっている箇所で、屋根の傾斜に沿って軒先に向かっている棟を下り棟といいます。

住宅屋根の接地部分には必ず隙間ができてしまいますが板金工事をすることにより隙間を埋めることができ、住宅に雨水の侵入を防ぐことができ、屋根材の固定もすることができるので住宅屋根にとって板金工事とは必要不可欠な工事なのです。
瓦屋根の谷
棟瓦
谷樋の交換工事
谷樋とは、屋根にある谷に施工されている板金のことで屋根の樋の役割をしています。

屋根の谷とは二つの屋根が同じ方向に勾配している場合、先端部分が合わさる所にできている溝の部分の事を言います。

谷から流れてきた雨水を流すために樋を設置します。


谷樋の加工
谷の谷樋(谷板金)
屋根の妻側部分をケラバといいます。
妻側とは、わかりやすく説明をすると端の事を言います。
水切り金具とは、ケラバを覆う板金の事です。
ケラバには雨樋が無いので、水切り金具が屋根から流れてくる雨水の侵入を防いでくれる役割をしています。

屋根板金の交換について

瓦を撤去した後の谷板金
谷樋の撤去
棟板金の釘の浮き
屋根板金の劣化症状には、板金の剝がれ、浮き、錆び、釘の浮きなどがありますが屋根板金の劣化を放置しておくと建物内部に雨水が侵入して住宅の劣化を進行させてしまうので板金工事が必要です。

屋根板金工事の交換工事の流れについて説明していきます。

1 古くなった板金をはがしていく
屋根板金の下には下地となる貫板が必ずあります。
この貫板の劣化、腐食が発生している場合には補修が必要ですが劣化、腐食がひどい場合には交換が必要です。
貫板を固定している釘穴をそのままにしておくと雨漏りの原因となるためにコーキング処置を必ずします。

2 下地の木材を設置していく
まず、新しい貫板を設置していきます。
貫板の素材は、防腐処置をしている木材、プラスチック樹脂材が使用されています。

3 板金設置
これで新しい板金を設置すれば板金工事の完了です。
板金工事の完了なのですが、最後の注意点としてですが板金のつなぎ目部分には隙間ができてしまうので必ずですがコーキング材で隙間を埋めることが大事です。

屋根板金のメンテナンスについて

屋根板金のメンテナンスについてですが、台風、悪天候で屋根板金が飛んで行ったり、落下してしまうことがあります。

屋根の上は目に見えないので屋根の劣化状況を見たい場合には屋根の上に上がらなければいけません。

ですが、屋根の上に上がることは危険なのでやはり専門業者に依頼して定期的に屋根の劣化状況を確認することでいぇねからの雨水の侵入を防ぐことができます。

山口県周南市にお住いの方で屋根板金工事、定期点検を検討されている方は街の屋根やさん周南店にお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878