オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

柳井市で屋上(陸屋根)の防水層のトップコート塗り替えと外壁塗装工事


工事のきっかけ

柳井市にお住まいのお客様より屋上防水と外壁塗装の見積り依頼をいただきました。
築20年の2階建ての住宅で、10年前にメンテナンスをされており、今回は時期的に気になったのでメンテナンスを検討しているようでした。
既にハウスメーカーや近所の業者から見積りを取っており、相見積もりをご希望でした。
他の業者と比較・検討していただいた結果、屋上防水のトップコート塗り替えと外壁塗装工事を任せていただくことになりました。

柳井市 防水工事,外壁塗装,足場

ビフォーアフター

before
色褪せたシート防水の屋上
horizontal
after
トップコートを塗り替え後のシート防水

工事基本情報

施工内容
防水工事,外壁塗装,足場
施工期間
約3週間
使用材料
施工内容その他
築年数
築20年
保証年数
5年
工事費用
140~150万円
建坪
24坪
ハウスメーカー

施工前の様子

シート防水の屋上
お客様立ち会いのもと、現地調査をさせていただきました。
屋上の防水はシート防水でした。
シート防水は、ゴムや塩化ビニールでできた防水性のあるシートを敷くことで防水層をつくる防水工法です。
紫外線や風雨、熱の影響で防水層が徐々に劣化していき、雨漏りにつながります。
それを防ぐために、定期的なメンテナンスが必要になります。

屋上のシート防水の色褪せ
シート防水のトップコートが色褪せていました。
シート防水の表面にはトップコートが塗られています。
このトップコートには防水層が劣化するのを防ぐ役割があり、劣化すると直接、防水層に紫外線や風雨が当たることになり劣化を早めてしまいます。
色褪せはトップコートが劣化している証拠です。
トップコートを塗り替えることで、防水層を長持ちさせることができます。
ただし、防水層自体に損傷がある場合には、新しく防水層を施工する必要があります。
屋上の排水口(ドレン)
屋上の点検をさせていただくと、土やごみ、植物などで排水口が詰まっていることがあります。
今回のお客様はキレイにされていましたが、普段から屋上の掃除をされている方は少ないのではないでしょうか。
排水口が詰まっていると雨水が溜まってしまい、防水層の劣化や雨漏りの原因になってしまうため、定期的に排水口が詰まっていないか確認することをおすすめします。
チョーキング現象が起きた外壁を触って白くなった手
外壁を触ってみると、白い粉のようなものが手に付きました。
これは、チョーキングと呼ばれる現象で、外壁の塗膜が劣化して防水性が低下している証拠です。
放置していると外壁に雨水が浸透してしまい、ひび割れなどの不具合につながってしまいます。
塗装して防水性を回復させる必要があります。
ブリード現象が起きたシーリング
外壁のシーリングは、ブリード現象が起きて、黒く汚れていました。
ブリード現象は、シーリングに含まれる可塑剤(柔らかくする成分)が表面に溶け出して、ベタつく現象です。
塗料と反応したり、空気中のゴミが付着して黒ずんでしまいます。

施工中の様子

足場を立てた住宅
まずは、足場を組んでいきます。
足場は、職人の安全と隅々まで作業するために必要です。
足場の部材で外壁や大切に育てている植栽を傷つけないよう気を付けながら、慎重に作業します。
足場の飛散防止ネット
足場にはメッシュシートを付けます。
外壁塗装では、高圧洗浄で洗浄水が飛んだり、塗装する時に塗料が飛んでしまいます。
メッシュシートで飛散を防止します。
高圧洗浄
屋上や外壁には、自動車の排気ガスや空気中のホコリ、カビ・コケ・藻など様々な汚れが付着しています。
その汚れを除去する作業が、高圧洗浄です。
汚れが残ったまま、塗装すると塗料が剥がれる原因になってしまいます。
そのため、汚れが残らないように徹底的に除去します。
外壁の汚れをバイオ洗浄で除去
通常の高圧洗浄では汚れを水だけで洗い落としますが、バイオ洗浄を行います。
バイオ洗浄は殺菌・抗菌作用がある専用の洗浄液を使用する方法で、カビ・コケを根こそぎ除去することができ、塗装後のカビ・コケ・藻の再発を防止します。

既存のシーリングの撤去
シーリングを打ち替えます。
まずは、古くなってブリード現象が起きたシーリングにカッターで切れ込みを入れながら、ペンチで引っ張り出して除去します。
この時、完全に除去ができず、外壁材の横にシーリングが残りますが、残ったシーリングも全てそぎ落とします。
シーリング打ち替え工事のへら仕上げ
シーリング材と外壁材がしっかりとくっつくように、密着性を上げるプライマーを塗ってから、シーリング材を充填します。
シーリング材をヘラで押し込みながら表面を平らにならします。
シーリングの打ち替え
使用したシーリング材は、高耐久・高耐候のオートンイクシードです。
一般的なシーリング材の耐用年数は5~8年程度ですが、オートンイクシードの耐用年数は15年を超えます。
また、ブリード現象の原因となる可塑剤を使用していないので、ブリード現象が起きません。
窓の養生
窓や玄関などに塗料が付着しないように、ビニール(ポリフィルム)やマスキングテープを使い、養生をします。
養生をすることで塗料がはみ出るのを気にしなくていいので、キレイに効率よく塗装できます。
玄関前の床面の養生シート
玄関ドアは開け閉めできるように養生します。
床面には、滑らないようにノンスリップシートを使用します。
工事中はシートの上を何度も歩くことになりますが、厚みがあり丈夫なので破れません。
外壁の下塗り
下塗りをします。
外壁に仕上げ用塗料の密着を上げる役割がある下塗り材を塗ります。
下塗りがいい加減だと、塗装して数年で塗料が剥がれてしまうこともあります。
そのため、塗り残しがないよう、しっかりと塗布します。
外壁塗装の中塗り
中塗りをします。
中塗りと上塗りには同じ塗料を使用するので、上塗り1回目と言うこともあります。
ローラーとハケを使い分けながら、細かいところまで塗りました。
外壁塗装の上塗り
上塗りをします。
仕上げ塗料を重ね塗りすることで、厚く強固な塗膜を形成します。
塗りムラができないように、丁寧に塗っていきます。

仕上げ塗料を一回しか塗らない悪徳業者もいるので、間違いなく2回塗ったことをお客様に確認してもらうために、中塗りと上塗りの色を変えるサービスも行っています。
本当に仕上げ塗料を2回塗っているか心配な方は、お気軽にご相談ください。
附帯部の塗装
外壁以外の附帯部もしっかりと塗装します。
外壁を塗装しても附帯部が劣化していては、お家がキレイに見えません。
また、附帯部の不具合が建物に悪影響を与える可能性もあるので、外壁と一緒に塗装します。
附帯部塗装
外壁との境目にマスキングテープで養生をして、キレイな直線になるように仕上げます。
ローラーでトップコートを塗布
屋上は勾配がなく、枡のような凹型の形状をしているので、雨水が溜まりやすく、雨漏りのリスクが高い構造をしています。
そのため、防水工事が施されて、防水層が雨水から建物を守っています。
その防水層は、紫外線に弱いので、保護するためにトップコートが塗られています。
立ち上がり部分の防水のトップコート塗布
トップコートが劣化すると、直接、防水層に紫外線や風雨が当たることになり、防水層の劣化が早くなってしまいます。
定期的にトップコートを塗り替えることで、防水層を長持ちさせることができます。
屋上防水のトップコート塗布
トップコートと防水層の密着性を上げるためにプライマーを塗ってから、トップコートを塗ります。
塗り残しがあると十分な性能を発揮できないので、丁寧に塗っていきます。
屋上防水のトップコート塗布
トップコートは、遮熱効果のある塗料を使用しました。
夏の暑い日でも室内の温度が上がるのを抑え、防水層の保護だけでなく、省エネ効果も期待できます。
屋上防水のトップコート塗布2回目
トップコートの2回目を塗っていきます。
外壁の塗膜と同じように、塗り重ねることで、耐久性の高い塗膜を形成できます。
屋上トップコート塗布2回目
防水層の劣化が激しければ新しい防水層を形成しなければなりませんが、今回のように表面のトップコートが色褪せている程度なら、トップコートを塗り替えるだけで済み、費用も安く済みます。

施工後の様子

before1
築20年の建物の外観
大きなひび割れはありませんでしたが、小さなひび割れや色あせで建物の美観を損ねていました。
horizontal
after1
外壁塗装後の外観
1階部分と2階部分を塗り分けて、ツートンに仕上げ、メリハリを付けました。
高耐久の塗料を使用したので、長期間にわたり雨水や紫外線から建物を守ってくれます。
トップコート塗布後の屋上床面
屋上の床面にしっかりとトップコートを塗布しました。
年数が経つと屋上の防水機能は徐々に低下していきます。
雨漏りから建物を守るためにも、定期的に点検とメンテナンスをしましょう。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

光市でベランダのウレタン防水工事とサイディングを張り替えました

ベランダ
ベランダ防水工事の施工後
工事内容
防水工事
その他塗装
その他の工事
足場
使用素材
ウレタン塗膜防水材/サラセーヌ
築年数
築21年
建坪
保証
5年
工事費用
40~50万円
施工事例

周南市で屋上のポリマーセメント防水と外壁塗装工事を行いました

防水層の劣化した屋上
施工後の屋上
工事内容
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
その他の工事
使用素材
屋上/日本ペイント「ビッグサンセレナ」 外壁/日本ペイント「ファインSi」
築年数
築30年以上
建坪
25坪
保証
5年
工事費用
約150万円

同じ地域の施工事例

施工事例

柳井市 スキン仕上げ外壁塗装工事と漆喰補修工事

柳井市
柳井市完成図
工事内容
漆喰詰め増し
外壁塗装
足場
使用素材
外壁塗装/フッ素4F塗料、漆喰補修/シルガード
築年数
築20年
建坪
38坪
保証
10年
工事費用
150~170万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

パラペット

岩国市の陸屋根住宅の方より、パラペットの劣化状態と屋根の防水状態の点検とメンテナンスの依頼がありまして、現地調査へ伺いました。築35年の陸屋根住宅で、屋根はシート防水、パラペットは20年前に交換されたそうです。パラペットは割れなどがあり、水...........

屋上防水のトップコート塗布

柳井市で施工中の屋上防水と外壁塗装工事の様子をお伝えします。前回は、外壁と附帯部の塗装の様子を紹介しました。前回の現場ブログ(外壁塗装と附帯部塗装)はこちらをご覧ください本日の現場ブログでは、屋上防水のトップコートの塗り替えをお伝えします。

既存のシーリングの撤去

柳井市で施工中の屋上防水のトップコート塗り替えと外壁塗装工事の紹介です。前回は、工事に必要な足場の仮設と高圧洗浄の様子をお伝えしました。前回の現場ブログ(屋上防水のトップコート塗り替えと外壁塗装工事を開始)はこちらをご覧ください。本日の現場...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878