オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

周南市で瓦屋根の漆喰が崩れた隅棟の取り直し工事を行いました


工事のきっかけ

周南市にお住まいのお客様から「雨漏りしているから見てほしい」とお問い合わせがあり、工事をさせていただきました。

周南市 棟瓦取り直し

ビフォーアフター

before
漆喰の崩れた隅棟
horizontal
after
取り直し後の隅棟

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し
施工期間
1日
使用材料
シルガード
施工内容その他
築年数
30年
保証年数
5年
工事費用
5~10万円
建坪
ハウスメーカー
漆喰の崩れた隅棟
施工前は、漆喰が崩れて棟瓦が何枚か割れている状態でした。
鬼瓦と棟瓦の取り合い部分の漆喰も剥がれて隙間ができており、中の土が見えていました。
隅棟の劣化が進行していたため、棟瓦取り直し工事を行います。
冠瓦を撤去した隅棟
棟瓦を固定している銅線を外し、一番上に載せられている半円状の冠瓦を外していきます。
棟の雨仕舞のために載せられています。
一番上の「冠瓦」とその下に重なっている「のし瓦」を合わせて棟瓦と呼んでいます。
隅棟から外した冠瓦
外した冠瓦は、再利用するので割れないよう保管しておきます。
棟の取り直し工事では、ひびが入っていたり、割れていない瓦は再利用することができます。
割れている瓦は、新しいものと替えます。
隅棟の解体作業
のし瓦を撤去していきます。
棟にのし瓦を載せることで、棟に降ってきた雨水を屋根面に流し、棟の下地に雨水が侵入することを防いでいます。
今では、あまり枚数を重ねることは少なくなりましたが、昔はのし瓦を何枚も積むことが豪華だと言われていました。
隅棟を解体した屋根
棟瓦の下の土や漆喰も撤去・処分します。
中の土は雨水の影響で湿っており、漆喰は劣化が進行してボロボロになっていました。
隅棟の下の土は、土台の役割があり、土や漆喰が劣化すると棟瓦のズレや棟の崩れにつながります。
シルガードで隅棟の土台作り
棟瓦と土、漆喰の撤去が終わったら、木で枠を作り、南蛮漆喰で棟の土台を作っていきます。
今回使用する南蛮漆喰は、馬場商店の「シルガード」です。
シルガードは、瓦屋根専用の漆喰で、通常の漆喰にシリコンなどが含まれていることで耐水性に優れています。
また、気温の変化による劣化にも強いので四季のある日本の風土にも適しています。
隅棟の土台の漆喰をコテでならす作業
土台の外側の南蛮漆喰は、専用のコテを使って表面をならします。
漆喰が棟瓦からはみ出していると、漆喰に雨水が直接当たり、漆喰の劣化や雨水の浸入につながります。
隅棟の取り直し
南蛮漆喰で作った土台の上に、のし瓦を載せていきます。
安定させるために、のし瓦の下段を上段よりも幅広く積みます。
この時に、棟瓦を固定するための銅線を仕込んでおきます。
のし瓦の積み作業
のし瓦はつなぎ目から雨水が入らないように、つなぎ目をずらしながら一枚一枚丁寧に積んでいきます。
隅棟の漆喰の仕上げ
棟瓦を積み終わったら、仕込んでいた銅線で棟瓦を固定して、銅線に飛んできたビニール袋などが引っかからないように丸めて処理します。
隅棟の端部を専用のコテを使いシルガードで施工したら、隅棟の取り直し工事の完成です。

【工事完了後】

取り直し後の隅棟
真っすぐキレイに仕上がりました。
防水性の高い南蛮漆喰を使用したので、雨漏りも心配ありません。

同じ地域の施工事例

施工事例

周南市で屋根カバー工法と軒先を長くする工事で雨漏りに強い屋根へ

屋根カバー工法を施工前のスレート屋根
屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根/セネター
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
230~240万円
施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円
施工事例

周南市で瓦屋根の銅板の谷板金(谷樋)をガルバリウム鋼板に交換しました

経年劣化で穴の開いた銅板の谷樋
施工後の谷樋
工事内容
その他の工事
使用素材
谷板金/ガルバリウム鋼板
築年数
30年
建坪
保証
5年
工事費用
10~20万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟瓦の取り直し

本日の現場ブログでは、周南市で行った屋根修理の様子を紹介します。今回は、瓦屋根の棟瓦が落下して雨漏りが発生していたため、棟瓦の取り直し工事による屋根修理を行いました。屋根工事をするまでに雨漏りの被害が拡大しないようブルーシートをかけて、雨養...........

棟が崩れた瓦屋根

本日の現場ブログでは、光市で行った屋根の調査の様子をお伝えします。「屋根の一番上の瓦が強風で崩れたので修理の見積もりが欲しい」とのお問い合わせをいただき、調査に伺いました。

ブルーシートをかけた棟

現地調査の時に、大棟から雨漏りしていたのでブルーシートを被せて、強風で飛ばされないようにしっかり土のうで固定しておきました。「大棟(おおむね)」とは、屋根の一番高い部分でのし瓦や冠瓦の積まれた水平の棟のことです。のし瓦のズレや漆喰の剥がれな...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878