オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市で20年間リフォームをしていないスレート屋根の屋根カバー工事


工事のきっかけ

築20年で、家を建ててから一度も屋根のリフォームをされていなかったことから、雨漏りを心配されて街の屋根やさん周南店にお問い合わせいただきました。
スレート屋根が経年劣化しておりメンテナンスが必要な状態であることを説明させていただき、屋根カバー工事をさせていただくことになりました。

山口市 屋根カバー工事,足場

ビフォーアフター

before
経年劣化したスレート屋根
horizontal
after
セネターを施工した屋根

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,足場
施工期間
10日間
使用材料
屋根材/セネター 防水紙/ルーフラミテクト
施工内容その他
築年数
築20年
保証年数
10年
工事費用
120~130万円
建坪
28坪
ハウスメーカー
山口市にお住まいのお客様のお宅は、築20年のスレート屋根(カラーベスト)でした。
20年間一度もリフォームをしていなかったことにより、経年劣化して補修が必要な状態でした。
お客様は、塗装による補修を希望されていましたが、今後のメンテナンスコストを考えて、屋根カバー工法による補修も提案させていただきました。
屋根塗装屋根カバー工法の両方のメリット・デメリットを説明させていただきましたが、屋根カバー工法による工事をさせていただくことになりました。
足場を組んだ家の外観
屋根のリフォームには、職人の安全と作業効率の向上のために必ず足場が必要になります。
足場の部材は金属製なので、部材を運ぶ際に外壁に当たると傷を付けてしまいます。
また、大切に育てている植栽を踏んでしまわないように、気を付けながら足場を組み立てます。
足場の組み立ての際には、ハンマーで部材をたたき、カンカンと大きな音が出ますので、ご近所への挨拶を徹底しています。
棟板金を撤去したスレート屋根
屋根カバー工事は、既存の屋根の上から新しい防水紙(ルーフィング)や屋根材を被せる工事です。
既存の屋根材を撤去する必要がないため、解体費用と処分費用がかからずコストを抑えることができます。
そのため、スレート屋根のメンテナンスをする時には、おすすめの工法です。
屋根材を撤去する必要はありませんが、棟板金とその下に設置している貫板は、新しい屋根材を被せるのに邪魔になるので、撤去します。
H様ルーフラミテクトZ張り
軒先から棟に向かって防水紙を敷いていきます。
雨水は屋根材や板金のわずかな隙間から入り込み、屋根材だけで完全に雨水の浸入を防ぐことはできません。
屋根材の下に入り込んだ雨水から建物を守るのが防水紙です。
上下の防水紙の重ね代を10cm以上取り、たるみがないよう注意して貼ります。
防水紙の敷設
使用した防水紙は、ルーフラミテクトZという製品です。
ルーフラミテクトは、耐久性や釘穴の止水性に優れている防水紙です。
屋根材が劣化していなくても、その下の防水紙が破れてしまえば雨漏りの危険性があります。
そのため、耐用年数の長い防水紙を使うことが大切で、ルーフラミテクトなら長期間にわたり屋根を守ってくれます。
H様ルーフラミテクトZ棟部分
棟にもしっかりと防水紙を被せます。
粘着タイプのルーフラミテクトを使用したので、余計な釘穴もできず、漏水のリスクを抑えることができます。
屋根材を葺いた後は、防水紙が見えなくなるので、防水紙に破れている箇所がないか確認しておきます。
屋根材セネター
新しい屋根材には、デクラ屋根システムのセネターを使用しました。
セネターは、天然石チップとガルバリウム鋼板でつくられた屋根材です。
ガルバリウム鋼板なので耐久性が高く、表面に天然石チップを焼き付けていることで色褪せしにくいのが特徴です。
軒先の屋根材セネター
防水紙を敷いたのと同じように、軒先から屋根材を葺いていきます。
水上に向かって屋根材を被せていくことで、上から流れてきた雨水が屋根材の下に入り込むのを防ぎます。
隅棟のシールテープ
屋根材を葺き終わったら、棟の雨仕舞いのために屋根材と同質の棟カバーを取り付けます。
隅棟は屋根材同士を突き付けており、隙間があります。
その隙間から雨水が浸入しないように、隅棟に沿って隙間の両側に専用のシールテープを貼ります。
屋根カバーを被せると見えなくなりますが、手を抜くと雨漏りの原因になります。
棟カバーの取り付け
棟カバーは、専用のビスで横から固定します。
棟カバーの上からビスを打ち込むと、ビス穴から雨水が浸入してしまう可能性があります。
棟カバーの継ぎ目には、コーキングで防水処理をします。
屋根カバー工法でセネターを施工した屋根
新しい屋根材にセネターを使用したので、色褪せる心配がなく、塗り替える必要もないのでメンテナンスコストを抑えることができます。
セネター屋根
スレート屋根では、棟に板金を使用しなければいけませんが、セネターなら屋根材と同質の棟カバーを使うことができ、統一感のある仕上がりになりました。
お客様にも喜んでいただけて良かったです。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

周南市で屋根カバー工法と軒先を長くする工事で雨漏りに強い屋根へ

屋根カバー工法を施工前のスレート屋根
屋根カバー工法を行った屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
屋根/セネター
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
230~240万円
施工事例

周南市にて台風や地震などの自然災害に強い金属屋根で屋根カバー工法

黒く汚れたスレート屋根
セネターを施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
使用素材
屋根/セネター  外壁/無機塗料
築年数
築15年
建坪
保証
屋根/材料品質保証30年 美観保証10年  外壁/10年
工事費用
330万円
施工事例

山口市で棟板金の釘が緩んで貫板が腐食したコロニアル屋根のカバー工事

スレート屋根
屋根カバー工事を施工後のセネター
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
屋根材/セネター 外壁/無機塗料
築年数
築14年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
230~250万円

同じ地域の施工事例

施工事例

山口市で棟板金の釘が緩んで貫板が腐食したコロニアル屋根のカバー工事

スレート屋根
屋根カバー工事を施工後のセネター
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他塗装
使用素材
屋根材/セネター 外壁/無機塗料
築年数
築14年
建坪
約30坪
保証
10年
工事費用
230~250万円
施工事例

山口市でオークリッジスーパーへの屋根カバー工法と外壁塗装工事

カラーベスト
オークリッジスーパーで施工後の屋根
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
屋根/オークリッジスーパー 外壁/無機塗料 シーリング材/オートンイクシード
築年数
築19年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
230~250万円
施工事例

山口市吉田にてカラーベスト屋根の痛みをオークリッジスーパーでカバー工法工事

山口邸施工前
山口邸施工後
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
足場
使用素材
オークリッジスーパ
築年数
築13年
建坪
28坪
保証
10年
工事費用
220~230万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根材セネターの施工

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、先日敷設したルーフィング(防水紙)の上に屋根材を施工しました。ルーフィングを敷設する様子はこちらをご覧くださいスレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちら...........

防水シート(ルーフィング)

周南市で行っているスレート屋根のリフォーム工事の様子を紹介します。本日は、雨水の浸入を防ぐ防水シート(ルーフィング)の敷設を行いました。スレート屋根のチェックポイントとメンテナンス方法はこちらをご覧ください

防水シート(ルーフィング)の敷設

周南市でスレート屋根(カラーベスト、コロニアル)の屋根カバー工事をしているので、その様子を紹介します。今回、お伝えするのは防水シートを敷く作業です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878