オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

山口市の方へ、瓦修理について


住宅の屋根の瓦が割れてしまっていたり、雨漏りがしていないか不安を感じている方はいないでしょうか?

屋根瓦の一部分が剥がれたり、割れたりしているときは瓦交換してもらいましょう。

住宅の屋根の瓦修理を専門業者に依頼する前に事前に少しでも情報を調べておくことは大事です。
屋根瓦が広範囲で劣化しているときには瓦修理の葺き替え工事が必要となります。

屋根の葺き替え工事とは、屋根瓦をすべて外し防水シート、漆喰などの下地材も全て直してから、新しい屋根瓦を葺く工事の事です。

防水シート、漆喰はおよそ20年から30年ほどしか効力がないと言われていますので屋根瓦をすべて取り換えるときに新しく防水シートなどをやり替えた方がいい効率がいいです。
瓦修理の葺き直しとは、屋根瓦を新しくせずに下地材を新しく取り換える工事の事です。

屋根の瓦を全て取り外していき、防水シート、漆喰などの下地を全て補修していき今まで使用していた屋根瓦をもう一度屋根に一枚ずつ並べていく工事です。

瓦と比べると防水シート、漆喰の寿命は短いです。
なので、瓦修理をする前に防水シート、漆喰、下地材の修理が必要になってきます。
屋根瓦の下地材を補修せずに長年放置しておくことで雨漏りの原因にもなります。
カバー工法で屋根の棟付近にリッジウェイを張っているところ
カバー工法とは、今ある屋根の上に新しい瓦を葺くことをカバー工法といいます。
カバー工法とは、手間をかけずに表面の瓦だけを新しくしたい場合に、今ある瓦の上に新しい瓦を重ねて葺くカバー工法を行う場合もあります。
今ある瓦をすべて取り外す必要性が無いため工事の期間が短く、産業廃棄物が出ないです。
屋根瓦の下地材に異常がない場合には、瓦だけを葺き替えることがあります。
ですが、瓦だけを葺き替えるには、今ある瓦を全て取り外して新しい瓦を施工するため作業内容が手間がかかるため、費用が高くなってしまいます。

瓦修理であるカバー工法とはデメリットが多いです。
なぜかというと、今ある屋根の上に新しい瓦を葺くため屋根全体の総重量が重たくなるため、住宅の耐震性が下がるなど住宅にとって負担がかかるため住宅の劣化が早くなることがあるのがデメリットです。

隅棟から外した冠瓦
瓦修理の部分補修について。
屋根の下地材に異常がない場合で、一部の瓦がひび割れしていたり、欠けていたりしているときは瓦を部分補修をする時があります。
瓦の劣化が深刻なときは、劣化が酷い瓦だけを新しい瓦に瓦交換すれば終了です。
瓦の劣化が少ないときや、今ある瓦と同じ瓦が見つからない時にはパテなどを使用して瓦修理を行います。
瓦を撤去した後の谷板金
簡単な瓦修理なら、2万円から10万円以内に収まることが多いですが、修理以上が必要な時は40万から200万以上の費用がかかってしまうことがあります。
ですが、お客様に知ってほしい事があります。
住宅の屋根瓦の状態で全ての瓦修理費用が異なるという事です。

一般的な釉薬瓦なら1平米あたりおよそ5,000円~15、000円ほどになるので、30坪あたりの屋根なら施工費込みで50万~150万円ほどになってきます。

ですが、高級な和瓦を使用しているいぶし瓦になるとおよそ1平米あたり8,000円~18,000円くらいが費用の相場ですが、30坪の屋根になってくると施工費込みになってくると80万~180万円ほど費用が掛かってきます。
釉薬瓦 50万~150万
いぶし瓦 80万~180万
足場 15万~20万
ルーフィング 20万~30万
あくまでもおよその相場なので屋根の状態によって費用が変わってくるので一度専門業者さんに無料で見積もりを立てて頂きましょう。

山口県山口市にお住いの方で屋根瓦修理にお困りの方は街の屋根やさん周南店にお任せください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら周南店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-838-878